開設大学への支援申込

広島市、長崎市及び(公財)広島平和文化センターでは広島・長崎講座を普及させていくため、開設大学に対して以下のような支援を行っています。ただし、費用負担を伴う支援は予算の範囲内とします。

■講座認定時■
 教材の提供
 被爆の実相を伝えるDVDや冊子などの教材(教材リスト)を、提供します。

■随時■
 講師の都合等により希望に沿えない場合がありますのでご了承ください。
 (1)被爆体験証言者、学術研究者等講師の紹介・派遣
    認定講座の講師として、被爆体験証言者及び学術研究者等を紹介します。
    なお、予算の範囲内で、派遣旅費(日本で実施される講座のみ)や講師の謝礼金の経費を事
    務局が負担します。
    ※講師謝礼については、2021年度より講座開設2年目以降の大学も対象となります。

    過去の講師紹介実績(PDF)

 (2)オンラインによる被爆体験講話・伝承講話の実施
    (国内大学)被爆体験伝承者による講話をオンラインで聴くことができます。
    (海外大学)被爆者による体験講話をオンラインで聴くことができます。

 (3)平和学習に活用できる教材
   「暴力と戦争の由来―ゴリラの視点から人類の進化を考える」(動画)
    長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)作成

 ※広島・長崎での現地学習を行う際、希望に基づいて支援を行っています。
  ①広島での現地学習の調整をご希望の場合、こちらから支援申込書をダウンロードしてご記入
   ください。

   広島現地学習支援申込書

  ②長崎での現地学習をご希望の場合は、長崎市平和推進課(TEL: 095-844-9923、
   E-mail: heiwa@city.nagasaki.lg.jp)までご連絡ください。

前のページへ戻る

トップへ戻る

PAGETOPへ