• メニュー
  • 検索
  • ログイン
  • 平和首長会議Facebookページ
  • English Site

平和首長会議の加盟都市数が8,000を超えました!

2021年1月1日に28都市が新たに加盟したことにより、平和首長会議の加盟都市が8,000を超えました。リーダー都市をはじめ、加盟都市の皆様の長年に亘る御協力に深く感謝いたします。近年の加盟拡大に向けた主な取組と、関係協力機関・団体からのメッセージをご紹介します。

近年の加盟拡大に向けた取組

会長による働き掛け

毎年、8月6日の広島での平和記念式典に参列する各国駐日大使等に、本国での未加盟都市に対する加盟呼び掛けを依頼しており、ヨルダン、ボスニア・ヘルツェゴビナ等から多くの都市が新たに加盟しました。また、各国政府関係者等との面会や、アフリカ地域駐日大使会合への出席等様々な機会を活用し、平和首長会議の取組を紹介するとともに、加盟呼び掛けを行っています。

会長による働き掛け
事務総長による働き掛け

2020年に8か国の駐日大使館を訪問し、各国駐日大使等に直接協力を依頼しました。平和首長会議の取組について各国駐日大使から好意的な評価をいただき、モンゴル大使館が本国の全県に加盟を働き掛ける等、本国の関係機関に積極的な情報提供を行う動きに繋がっています。

事務総長による働き掛け
リーダー都市による働き掛け

ドイツ支部では、ハノーバー市が、フラッグ・デーや地域会議の開催、ウェブサイト等を活用した積極的な情報発信等、継続的な活動を行った結果、加盟都市が2020年11月に700を超えました。

ベルギー支部では、イーペル市が、国内の全ての未加盟都市に対し市長が加盟を呼び掛ける書簡を発送し、2020年に20都市以上が新たに加盟しました。現在同国内の581都市のうち、2/3 以上を占める 395都市が加盟しています。

英国・アイルランド支部では、マンチェスター市が、地域会議の開催や、定期的なニューズレターの発行等によって平和首長会議の取組の周知を図っています。2020年にはダブリン市長とマンチェスター市長がアイルランドの全ての未加盟都市に加盟要請書簡を送付したことから、新たに加盟する都市が増えています。

リーダー都市による働き掛け

お祝いメッセージ

中満泉 国連事務次長兼軍縮担当上級代表

平和首長会議の加盟都市が8,000に到達したことに心からお祝い申し上げます。
この素晴らしい節目の出来事は「平和と信頼の国際年」である2021年のスタートとしてふさわしいものです。
また、平和首長会議が松井一實広島市長のリーダーシップの下で、核兵器のない世界に向けて道を切り開いてきた献身的な取組に対しても称賛を贈りたいと思います。現在、世界の大半の人々は都市で生活しており、都市の首長が団結することは、すなわち世界が団結するということです。貴組織の絶え間ない努力によって、平和のために10,000都市が団結するという目標も達成できると確信しています。

中満泉 国連事務次長兼軍縮担当上級代表
ペーター・マウラー 赤十字国際委員会(ICRC)総裁

平和首長会議の加盟都市が8,000に到達したという重要な節目を迎えたことに心からお祝いを申し上げます。約40年に亘る貴組織の不断の努力により、世界の人々は「広島・長崎への原爆投下で引き起こされた言語を絶する苦しみを、他の都市に絶対にさせてはいけない」という共通の目標の下で団結しました。核兵器は安全保障上における人類共通の脅威であり、発効が間近に迫っている核兵器禁止条約が示唆するように、非人道的で、非道徳的かつ国際法上違法なものです。都市と市民はこの歴史的な進展において、極めて重要な役割を果たしているのです。

ペーター・マウラー 赤十字国際委員会(ICRC)総裁
ベアトリス・フィン 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)事務局長

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)を代表して、平和首長会議の加盟都市が165か国・地域の8,000に到達したというこの素晴らしい節目の出来事に心からお祝い申し上げるとともに、歓喜しています。この功績は、貴組織が長年に亘り確実に推進してきた普遍的な平和のメッセージに対して草の根レベルで幅広い支援が得られたことを反映しています。
平和首長会議は、核軍縮の達成と核兵器禁止条約の成功という私たち共通の挑戦において重要な役割を担ってきました。松井広島市長と田上長崎市長のリーダーシップも同様に、政府や市民社会に大きな影響を与えてきました。平和首長会議の使命から着想を得たICANシティーアピールに対する支援にも心から感謝しています。
今後も平和首長会議との実りある協力関係と連携が末永く続くことを期待しています。

ベアトリス・フィン ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)事務局長

平和首長会議では、今後も核兵器廃絶を求める国際世論を醸成・拡大するために、10,000都市加盟を目指して様々な取組を行います。引き続き、御協力いただきますようお願いします。

一覧に戻る