• メニュー
  • 検索
  • ログイン
  • 平和首長会議Facebookページ
  • English Site

更新履歴

ニュース・加盟都市の活動

  • ニュース
  • 加盟都市の活動

加盟都市の活動

核兵器廃絶を訴える写真展「50の都市-50の軌跡」を開催(広島市)

広島市の姉妹都市であり、平和首長会議の副会長都市であるハノーバー市が積極的に支援している写真展「50の都市-50の軌跡」を、2018年11月18日から30日まで広島国際会議場1階ロビーで開催しました。
この展覧会は、1968年に米国、旧ソビエト連邦、英国の三か国がNPT(核兵器不拡散条約)に署名してから本年で50年目を迎えることを記念して、シュトゥットガルト市(ドイツ)のプロジェクト・オフィスとハノーバー市により企画され、2020年までに世界の50都市(平和首長会議加盟都市)で開催し、都市の破壊や核兵器の保有に反対するメッセージを発信することを目指しています。広島は、8か所目の開催地になります。
会場には、芸術家クラウディア・ディートヴィッヒが、日本の10都市を含む50都市のアスファルトに残る様々な軌跡を撮影し、彩色を施した作品が展示されました。展覧会の初日は、恒例のイベント「国際フェスタ」の開催日にあたり、会場は2千人近くの来場者で賑わいました。

展覧会開催に関するお問合せは、下記メールアドレスに英語でお願いします。
Email: mayorsforpeace@hannover-stadt.de

オープニング・セレモニーの様子
松井広島市長が観覧

一覧に戻る

加盟都市数