• メニュー
  • 検索
  • ログイン
  • 平和首長会議Facebookページ
  • English Site

会議等報告

理事会

第8回平和市長会議理事会の開催

第8回平和市長会議理事会をスペイン・グラノラーズ市で開催しました。 会議では、2011年9月に加盟都市が5,000を超えたことが報告され、出席した役員都市の市長及び代表は、これまでの活動状況を確認するとともに、今後の取組について協議しました。 なお、この理事会の場において、広島県の「国際平和拠点ひろしま構想」の概要版の配付及び説明が行われ、2013年の総会において広島県から取組状況の説明を受けることが了承されました。

1 日 時
平成23年(2011年)11月9日(水)、10日(木)
2 場 所
スペイン・グラノラーズ市
3 出席都市

広島市(日本)、長崎市(日本)、グラノラーズ市(スペイン)、ビオグラード・ナ・モル市(クロアチア)、ハラブジャ市(イラク)、ハノーバー市(ドイツ)、マラコフ市(フランス)、マンチェスター市(英国)、ボルゴグラード市(ロシア)、イーペル市(ベルギー)、フォンゴ・トンゴ市(カメルーン)

【オブザーバー】
フロン市(ノルウェー)、モルトセル市(ベルギー)、ゼメール市(イスラエル)、バストーニュ市(ベルギー) アルゼンチン自治体協会、ラテンアメリカ自治体協議会、ブラジル市長会、メキシコ自治体協議会

参加者リスト
都市 氏名(役職)
会 長 広島市 松井 一實(市長)
副会長 長崎市 田上 富久(市長)
グラノラーズ市(スペイン) ジョセップ・マイヨラル・イ・アンティガス(市長)
ビオグラード・ナ・モル市(クロアチア) ヤスミンカ・バリョ(参事官)
ハラブジャ市(イラク) キダ―・カリーム(市長)
ハノーバー市(ドイツ) マリエス・ドレーバーマン(事務次長)
マラコフ市(フランス) ミシェル・シボ(事務総長)
マンチェスター市(英国) マーク・ハケット(市議会議員)
ボルゴグラード市(ロシア) イリーナ・エキネツスカヤ(国際交流担当副市長)
イーペル市(ベルギー) フィリップ・デヒ―ジャー(財務担当)
理事 フォンゴ・トンゴ市(カメルーン) ダニエル・テサケム(市長)

【欠席】
副会長都市:アクロン(米国)、フィレンツェ(イタリア)、ブリュッセル(ベルギー)、モンテンルパ(フィリピン) 理事都市:モントリオール(カナダ)、メキシコシティ(メキシコ)、モンテビデオ(ウルグアイ)

(オブザーバー参加)
都市名等 氏名(役職)
加盟都市 フロン市(ノルウェー) トーレ・ベツビィ(市長)
モルトセル市(ベルギー) イングリッド・ピラ(市長)
ゼメール市(イスラエル) サミール・ダーウィッシュ(市長)
バストーニュ市(ベルギー) リジアン・トナス(平和市長会議担当職員)
自治体団体 アルゼンチン自治体協会
ラテンアメリカ自治体協議会
マルコス・ミゲル・セストパル(国際部長)
ブラジル市長会 クラウディオ・マフェイ(ポルト・フェリス市長、副会長)
メキシコ自治体協議会 リカルド・バプティスタ(理事)
(その他)
区分 氏名 役職
(公財)広島平和文化センター専門委員 アーロン・トビッシュ 2020ビジョンキャンペーン事務局 国際ディレクター
ジャッキー・カバソ 平和市長会議北米担当コーディネーター
ポル・デュイベッテル 2020ビジョンキャンペーン事務局スタッフ
4 主な決定事項
  1. (1)「核兵器禁止条約」の交渉開始を求める加盟都市を挙げた市民署名活動の展開
  2. (2)「核兵器のない世界」の実現を促す要請文や声明文等の効果的な発信
  3. (3)加盟都市5,000突破を記念した原爆ポスター展開催の加盟都市への呼びかけ。また、2012年5月にウィーン市で開催されるNPT再検討会議第1回準備委員会に合わせた同ポスター展の開催。
  4. (4)2013年に広島で開催予定の総会への各国軍縮大使や国連関係者等の招へい
  5. (5)平和市長会議の取組に賛同する著名人等の「2020ビジョンキャンペーン大使」への選任

なお、以下の項目等について意見交換を行い、今後、特に財政基盤の強化に向け、検討委員会を設立することにし、ハノーバー市で初会合を開催することとしました。

  • ・理事会開催地を広島市と長崎市に固定すること
  • ・平和市長会議運営経費の負担のあり方
  • ・平和市長会議地域組織の設立と地域ごとの活動の役割分担
>決議文 ※核保有国、核保有・核開発疑惑国、国連、全加盟都市に送付します。
>最終コミュニケ ※全加盟都市に送付します。

一覧に戻る

加盟都市数