• メニュー
  • 検索
  • ログイン
  • 平和首長会議Facebookページ
  • English Site

活動の歴史

年表 2010年〜2001年

平和市長会議が2006年IPBショーン・マクブライド平和賞を受賞

国際的平和推進NGOであるIPB(国際平和ビューロー)から“2006年IPBショーン・マクブライド賞”が平和市長会議に授与されました。
9月8日(金)

コーラ・ワイスIPB会長から
広島市長へのメダル贈呈

10月21日(土)

ケイト・デュース元IPB副会長から
長崎市長へのメダル贈呈

1. 概 要

国際的な平和推進NGOであるIPB(国際平和ビューロー)から、平和市長会議が取組んでいる2020ビジョン(核兵器廃絶のための緊急行動)をはじめとする世界的規模の平和推進活動を通じた、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けた国際世論の喚起への功績を讃え、「2006年ショーン・マクブライド賞」が平和市長会議に授与されました。
授賞式は、2006年9月8日(金)、フィンランドのヘルシンキで開催されたIPB国際会議の中で行なわれ、平和市長会議会長を務める広島市長へ、コーラ・ワイスIPB会長からメダルが贈呈されました。また、同じメダルが昨年10月に長崎で行われた「核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ」でケイト・デュース元IPB副会長から、平和市長会議副会長の長崎市長へも贈呈されました。
ワイス会長は受賞理由として、平和市長会議が2020ビジョンをはじめとする世界規模の平和推進活動を通じて、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けた国際世論の喚起に多大な功績を残してきたことを挙げ、今後の平和市長会議の活動に大きな期待を示すとともにIPBとの連携を強化していきたいと述べました。

2. IPBについて

 1892年に創立された、戦争のない世界を目指す国際的NGOで、スイス・ジュネーブに本拠を置く。1910年にはノーベル平和賞を受賞。現在、「持続可能な発展に向けた持続可能な軍縮」を目標に、世界70か国で平和推進活動を展開している。

3. ショーン・マクブライド賞について

IPB理事長(1968~74)及び同会長(1974~85)を務めたショーン・マクブライド氏(アイルランド人)の功績を讃え、平和、軍縮及び人権に関して卓越した功績を残した個人又は団体にあてて授与される賞。IPB創立100周年を迎えた1992年に設立された。

【過去の受賞者】

  • 2005年 該当者なし
  • 2004年 中東和平ジュネーブ・イニシアティブ
  • 2003年 日本被団協
  • 2002年 米国国会議員 バーバラ・リー
  • 2001年 国際公衆衛生機構会長 ロザリー・バーテル
  • ※ほか1992年より毎年顕彰

一覧に戻る

加盟都市数