• メニュー
  • 検索
  • ログイン
  • 平和首長会議Facebookページ
  • English Site

活動の歴史

年表 2010年〜2001年

内容
2010年 12月 核兵器禁止条約の早期実現を求める新たなCANT市民署名活動を開始
11月 都市・自治体連合(UCLG)が平和首長会議の活動への賛同決議を採択(英語)
2020ビジョンキャンペーン協会役員会を開催(英国・マンチェスター市) 2020ビジョンキャンペーン協会役員会を開催(英国・マンチェスター市)
10月 米国の臨界前核実験に抗議
会長がアルゼンチンを訪問し、アルゼンチン首相らに協力を要請 会長がアルゼンチンを訪問し、アルゼンチン首相らに協力を要請
9月 会長がロシアを訪問し、ゴルバチョフ元大統領らに平和市長会議への理解と協力を要請 会長がロシア・ボルゴグラード市、モスクワ市等を訪問し、ゴルバチョフ元大統領らに平和市長会議への理解と協力を要請
8月 - 潘基文 国連事務総長が広島・長崎両被爆地を訪問(長崎訪問は現職として初) -
会長がラモン・マグサイサイ賞財団からアジアのノーベル賞ともいわれるマグサイサイ賞を受賞
7月 2020核廃絶広島会議を開催(広島市) 2020核廃絶広島会議を開催(広島市)
加盟都市数が4,000を超える(144か国・地域 4,037都市)
6月 全米市長会議が2020年までに核兵器禁止条約を合意・実施するようオバマ大統領に求める旨の平和首長会議の活動への賛同決議を採択
5月 2010年NPT再検討会議に会長・副会長(長崎市長)をはじめとする代表団が参加し、議長にヒロシマ・ナガサキ議定書に賛同する自治体署名1,577筆とCANT署名1,024,820筆を提出(米国・ニューヨーク市) 2010年NPT再検討会議に広島・長崎両市長をはじめとする代表団が参加し、議長にヒロシマ・ナガサキ議定書に賛同する自治体署名1,577筆とCANT署名1,024,820筆を提出(米国・ニューヨーク市)
4月 平和市長会議がスペイン・ゲルニカ・ルモ市等より「2010年ゲルニカ平和と和解賞」を受賞
全国市長会(日本)が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
ニカラグアの全都市(153市)が加盟(一国の全都市の加盟は世界初)
1月 第78回全米市長会議冬季会議に会長が出席し、核兵器廃絶に向けた協力を要請するとともに、オバマ大統領に広島訪問を直接訴え(米国・ワシントンDC) 第78回全米市長会議冬季会議に会長が出席し、核兵器廃絶に向けた協力を要請するとともに、オバマ大統領に広島訪問を直接訴え(米国・ワシントンDC)
会長がニカラグアを訪問し、自治体首長会議に出席するとともに、オルテガ大統領から「ルーベンダリオ文化独立勲章」を受領 会長がニカラグアを訪問し、自治体首長会議に出席するとともに、オルテガ大統領から「ルーベンダリオ文化独立勲章」を受領
2009年 12月 「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)による報告書」に対する会長、副会長(長崎市長)、日本・オーストラリアその他各国NGOによる共同声明を発表
9月 第62回国連広報局NGO年次会議に会長が出席(メキシコ・メキシコシティ) 第62回国連広報局NGO年次会議に会長が出席(メキシコ・メキシコシティ)
8月 第7回平和市長会議総会を開催(長崎市) 第7回平和市長会議総会を開催(長崎市)
加盟都市が3,000を超える(134か国・地域 3,047都市:8月3日現在)
6月 核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)第3回会合に会長が出席(ロシア・モスクワ市) 核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)第3回会合に会長が出席(ロシア・モスクワ市)
全米市長会議が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
第77回全米市長会議年次総会に会長が出席(米国・プロビデンス市) 全米市長会議(USCM)第77回年次総会に会長が出席
5月 北朝鮮の核実験に抗議
2010年NPT再検討会議第3回準備委員会に会長、副会長(長崎市長)をはじめとする代表団が出席(米国・ニューヨーク市) 2010年NPT再検討会議第3回準備委員会に会長、副会長(長崎市長)をはじめとする代表団が出席(米国・ニューヨーク市)
2月 (財)広島平和文化センター理事長が社団法人全国日本学士会から「平成20年度 アカデミア賞 国際交流部門賞」を受賞
1月 パレスチナ・ガザ地区での戦闘に対する声明を発表
2008年 11月 平和市長会議北米担当コーディネーターが国際平和ビューロー(IPB)から「2008年ショーン・マクブライド平和賞」を受賞
会長がベルギー、ルクセンブルク及びドイツを訪問し、2020ビジョンキャンペーン協会役員会に出席するとともに、ベルギー首相らに平和市長会議の活動への理解と協力を要請 会長がベルギー、ルクセンブルク及びドイツを訪問し、2020ビジョンキャンペーン協会役員会に出席するとともに、ベルギー首相らに平和市長会議の活動への理解と協力を要請
10月 会長が米国・ニューヨーク市を訪問し、国連総会議長に「CANTプロジェクト」市民署名活動に寄せられた計370,221名分の署名を提出 会長が米国・ニューヨーク市を訪問し、国連総会議長に「CANTプロジェクト」市民署名活動に寄せられた計370,221名分の署名を提出
9月 原子力供給グループ(NSG)の対インド核関連輸出解禁決定に関する声明を発表
6月 全米市長会議がNPTに定められた義務を2020年までに果たす手段として、米国政府による「ヒロシマ・ナガサキ議定書」への賛同を至急検討するよう求める旨の平和首長会議の活動への賛同決議を採択
4月 2010年NPT再検討会議第2回準備委員会に会長をはじめとする代表団が出席し、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」を発表(スイス・ジュネーブ市) 2010年NPT再検討会議第2回準備委員会に会長をはじめとする代表団が出席(スイス・ジュネーブ市)
2月 日本国内の基礎自治体への加盟要請を開始
1月 加盟都市が2,000を超える(127か国・地域 2,028都市:1月28日現在)
2007年 11月 第7回平和市長会議理事会を開催(イタリア・フィレンツェ市) >第7回平和市長会議理事会を開催(イタリア・フィレンツェ市)
会長がデンマーク・コペンハーゲン市及びスウェーデン・ストックホルム市を訪問し、平和市長会議への理解と協力を要請 会長がデンマーク・コペンハーゲン市及びスウェーデン・ストックホルム市を訪問し、平和市長会議への理解と協力を要請
10月 都市・自治体連合(UCLG)が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
会長が米国及び韓国を訪問し、都市・自治体連合(UCLG)総会等に出席 会長が米国及び韓国を訪問し、都市・自治体連合(UCLG)総会等に出席
平和市長会議及び会長がフランツ・モル財団から「2007 核のない未来賞」を受賞(オーストリア・ザルツブルグ市) 平和市長会議及び会長がフランツ・モル財団から「2007 核のない未来賞」を受賞(オーストリア・ザルツブルグ市)
7月 全国市長会(日本)が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
パグウォッシュ会議50周年記念行事に会長が出席(カナダ・パグウォッシュ村) パグウォッシュ会議50周年記念行事に会長が出席(カナダ・パグウォッシュ村)
6月 全米市長会議が都市への大量破壊兵器による攻撃解除と平和の推進を求める旨の平和首長会議の活動への賛同決議を採択
5月 日本非核宣言自治体協議会が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
パキスタンの原爆開発に対する要請文を発出
4月 2010年NPT再検討会議第1回準備委員会に会長をはじめとする代表団が出席(オーストリア・ウィーン市) 2010年NPT再検討会議第1回準備委員会に会長をはじめとする代表団が出席(オーストリア・ウィーン市)
ゲルニカ空爆70周年記念行事に会長が出席(スペイン・ゲルニカ・ルモ市) ゲルニカ空爆70周年記念行事に会長が出席(スペイン・ゲルニカ・ルモ市)
2月 日本国政府、核保有国政府等に対して都市への核攻撃目標解除及び核廃絶を求める要請文を送付
「CANTプロジェクト」市民署名活動を開始
2006年 12月 欧州自治体・地域協議会(CEMR)が「CANTプロジェクト」を支持する旨の平和首長会議の活動への賛同決議を採択
11月 第7回ノーベル平和賞受賞者世界サミットに会長が出席(イタリア・ローマ市) 第7回ノーベル平和賞受賞者世界サミットに会長が出席(イタリア・ローマ市)
北朝鮮による核実験に伴う核保有国に全ての核爆発、実験、使用の禁止を求める声明を発表
10月 北朝鮮の核実験に抗議
北朝鮮の核実験実施声明に抗議
9月 平和市長会議が国際平和ビューロー(IPB)から「2006年ショーン・マクブライド平和賞」を受賞 平和市長会議が国際平和ビューロー(IPB)から「2006年ショーン・マクブライド平和賞」を受賞
会長がフィンランド、ノルウェーを訪問し、核戦争防止国際医師会議(IPPNW)世界大会に出席するとともに、フィンランド首相らに平和市長会議の取組への賛同と支援を要請 会長がフィンランド、ノルウェーを訪問し、核戦争防止国際医師会議(IPPNW)世界大会に出席するとともに、フィンランド首相らに平和市長会議の取組への賛同と支援を要請
8月 米国の臨界前核実験に抗議
イスラエルによるレバノン攻撃等に関する声明を発表
7月 北朝鮮、米国、ロシア、インドによるミサイル発射実験に関する声明を発表
2020ビジョンキャンペーン国際事務局をベルギー・イーペル市に開所
2020ビジョンの取組として「核軍縮に向けての誠実な交渉義務推進キャンペーン(The Good Fatih Challenge)」及び「都市を攻撃目標にするな(CANT:Cities Are Not Targets)プロジェクト」の開始を表明
国際司法裁判所(ICJ)での勧告的意見10周年記念会議に会長をはじめとする代表団が出席(オランダ・ハーグ市) 国際司法裁判所(ICJ)での勧告的意見10周年記念会議に会長をはじめとする代表団が出席(オランダ・ハーグ市)
6月 全米市長会議が都市への攻撃目標の解除を求める旨の平和首長会議の活動への賛同決議を採択
2月 米国及び英国の臨界前核実験に抗議
国会議員及び市民社会によるイランと核兵器に関する要請文を発出
2005年 8月 第6回平和市長会議被爆60周年記念総会を開催(広島市) 第6回平和市長会議被爆60周年記念総会を開催(広島市)
5月 2005年NPT再検討会議議長に対する公開書簡を発出(英語)
加盟都市が1,000を超える(111か国・地域 1,002都市:5月9日現在)
2005年NPT再検討会議に会長、副会長(長崎市長)をはじめとする代表団が出席(米国・ニューヨーク市) 2005年NPT再検討会議に広島・長崎両市長をはじめとする代表団が出席(米国・ニューヨーク市)
4月 全米黒人市長会議が平和市長会議とともに2020年までに核兵器を廃絶するための交渉開始を米国大統領及び政府に求める旨の平和首長会議の活動への賛同決議を採択
会長が世界非暴力会議から「2005年世界平和賞」を受賞
2月 日本国政府、核兵器国(米・露・英・仏・中)大使館にNPT再検討会議で核兵器廃絶に向けた積極的な役割を果たすことを求める要請文を提出 日本国政府、核兵器国(米・露・英・仏・中)大使館にNPT再検討会議で核兵器廃絶に向けた積極的な役割を果たすことを求める要請文を提出
1月 全国市長会(日本)が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
会長が広島市議会議長とともにベルギー、ドイツを訪問し、欧州議会外交委員会で核兵器廃絶を訴え
第73回全米市長会議冬季会議に会長が出席し、核兵器廃絶への協力を訴え
2004年 10月 平和市長会議が核時代平和財団から「2004年世界市民賞」を受賞
9月 核戦争防止国際医師会議(IPPNW)が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
アクション21「核兵器保有国への平和メッセージの伝達」として、会長が中国・北京市を訪問し、2020ビジョンへの協力を要請
8月 ロシアの臨界前核実験に抗議
7月 日本非核宣言自治体協議会が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
6月 全米市長会議が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
5月 米国の臨界前核実験に抗議
4月 2005年NPT再検討会議第3回準備委員会に会長、副会長(長崎市長)をはじめとする代表団が出席し、核兵器廃絶と恒久平和を訴え(米国・ニューヨーク市)
2月 欧州議会が平和首長会議の活動への賛同決議を採択
2003年 10月 アクション21「核兵器保有国への平和メッセージの伝達」として、会長がインド・デリー市及びパキスタン・ラワルピンディ郡を訪問し、2020ビジョンへの協力を要請
2020年までの核兵器廃絶を目指す「核兵器廃絶のための緊急行動」(2020ビジョン)を開始
第6回平和市長会議理事会を開催(英国・マンチェスター市)
9月 米国の臨界前核実験に抗議
4月 国連欧州本部において、反核法律家協会(IALANA)と反核国際技術者・科学者協会(INESAP)の共催で「核兵器廃絶体制の遵守」と題するワークショップを開催(スイス・ジュネーブ市)
2005年NPT再検討会議第2回準備委員会に会長が出席し、核兵器全廃のために緊急呼掛け(スイス・ジュネーブ市)
3月 イラク問題についての声明文を米国、イラク及び国連に送付
2002年 10月 アクション21「核兵器保有国への平和メッセージの伝達」として、会長が米国・ケンブリッジ市、ワシントンDC及びニューヨーク市を訪問し、核兵器廃絶への取組を要請
9月 アクション21「核兵器保有国への平和メッセージの伝達」として、会長がロシア・モスクワ市及びボルゴグラード市を訪問し、核兵器廃絶への取組を要請
米国の臨界前核実験に抗議
8月 米国の臨界前核実験に抗議
6月 米国の臨界前核実験に抗議
4月 平和市長会議ウェブサイト開設
2月 米国及び英国の臨界前核実験に抗議
2001年 12月 米国の臨界前核実験に抗議
9月 米国の臨界前核実験に抗議
8月 「世界平和連帯都市市長会議」から「平和市長会議」に名称変更
第5回世界平和連帯都市市長会議を開催(広島市、長崎市)